これまでのまとめ

1月の半ば頃に体のあちこちが痛くなって、お灸をしたり、指圧に行ったりしていたんだけど、2月の誕生日の前辺りから膝が痛くなって、一応診てもらおうと思って、2月の22日に町の総合医療センターに行った。ドクター・クリスティーナという人が、問診と診察をしてくれて、血を調べましょうということになった。

その日の夜、私の右手の小指が腫れだした。左手の人差し指も少し腫れた。

25日に今度は違うドクターと会って、腫れた手のことを話した。その人は問診だけして、再び血液検査をした。

血液検査の結果は、その二人目のドクターが私に知らせることになっていたけど、クリスティーナが先に電話で知らせてくれた。待たせる必要は無いと思って電話しました。直ぐにビタミンDと鉄の錠剤を薬局に買いに行って飲み始めてください、との事だった。

あと、グルテンアレルギーの可能性もあるかもしれないから、胃カメラを予約しました。それから、リウマチの専門医にも連絡しました。とも言われた。

で、3月の21日にリウマチ科に行って、医者と会った。

26日には胃カメラ。

28日にはリウマチ科のリクエストで、レントゲン。

4月の1日からリウマチ科の一週間コース。

11日には再度血の検査。それから目の検査。リハビリの療法士にも会った。

12日には、飛蚊症の診察。

そして今日16日、リハビリ体操をする約束をしていた町の総合医療センターに行ったんだけど、病院のリウマチ科と話したら、明子がここでやるような運動はないと言われたとの事で、運動をさせてもらえなかった。

リウマチはとにかく早めに投薬を始めること。それだけを繰り返される。

私の体のことは私が決めます。まずは私がやりたいようにやってみる。54年生きてきて痛くなったんだもん。これまでよく動いてくれたよ。まずは体に感謝。

こんなに色々な器具があるけど、私がここで運動することは認められない。

私のリウマチは、病院のリウマチ科に登録されてるから、他の場所で、リウマチのために何かすることは認められないらしい。

変なシステム。住んでる町にある施設を使えないなんて。

スウェーデンの医療福祉界隈のことが段々と見えてきた今日この頃。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.